2008年04月21日

大工道具 スケール

こんにちは村田です。

今日はとってもいい天気で暖かかったです。

いい天気だと仕事もはかどって気持ちいいですね。

しかし余りに気持ちよくて、ついボーっとしちゃってミスをしてしまいました。

僕たちは仕事をする時腰に袋をぶら下げているんですね。
「釘袋」とか「腰袋」とか言っています。

それには金づちやスケール(巻尺)など小さい手道具とかよく使う釘などが入っています。

金づちを使おうと釘袋から引っ張り出したら金づちの頭にスケールが引っかかってて一緒に出て来ちゃったんです。

スケールはそこから1Fの足場まで落ちてしまいました。慌てて拾ったのですが運悪く先端の引っ掛ける所(ツメといいます)が曲がってしまいました。

スケールというのは、つめが曲がってしまうといくらそれを伸ばしても、もう正確な寸法は測れません。

いつも使っている道具屋さんが遠かったので仕方なく近くのホームセンターに買いに行ったのですが僕たちの使う尺目盛のスケールが品切れです。

図面を書いたり、他の業者さんと打ち合わせしたりする時はメートル法でするのですが、普段は全部尺貫法なんですよ。

1mなら三尺三寸、500mmなら一尺六寸五分となります。

何で今時って言われるかもしれませんが弟子の頃からずっとそうだからというしかないですね。変える気もありませんし・・・。

ちなみに、スケールについている目盛で一番小さいのは、メートル目盛なら1mmで尺目盛なら五厘(ごりん)です。

五厘は約1.5mmですから尺目盛のほうが1.5倍目が粗いということになります。

ということは、メートル目盛でした仕事に比べて尺目盛でした仕事は若干粗い(アバウト?)と思われそうですね。

しかし、そうじゃないんですよ。熟練の大工は一番小さい目盛の間にも目に見えない目盛が見えているんです。

さらに、そこに引いたいた線(墨と呼びます)で材料を切断する時わずかコンマ何ミリの墨の右端で切るのか真ん中で切るのか左端で切るのかと微妙な調整をしながら鋸(のこ)を入れています。

それを習得するには何年もかかりますけどね。

という訳でホームセンターで買うのはあきらめて、申し訳なかったんですがスケールを一つ道具屋さんに現場まで持ってきてもらいました。

ごめんね^^;又今度、値の張る道具をもらうから・・・これからもよろしくね!!

つまらないミスで道具を傷めないように注意にしなきゃと反省した僕でした。
posted by 親方 at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 大工道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のコメント
銅鍋の錆
 ⇒ 腕時計時計 (08/03)
 ⇒ スウォッチ (08/03)
今日は暑い一日でした
 ⇒ ツイッター (01/21)
 ⇒ 中山大障害 (12/14)
 ⇒ 中山大障害 2011 (12/13)
 ⇒ グリー (11/28)
 ⇒ モバゲー (11/10)
トイレのリフォーム現場調査
 ⇒ kanna (05/01)
大工道具 スケール
 ⇒ さすまた (04/22)
 ⇒ kanna (04/22)
花見の季節です
 ⇒ 村田 (04/10)
 ⇒ kanna (04/09)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。